フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2022.10

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
貴方もセレブ気分! パリでランボルギーニを運転

 パリの凱旋門からシャンゼリゼ大通りを歩き始めると、有名なルイ・ヴィトンの建物が堂々と立っているのが視界に入ってきて、いかにもフランスらしさを感じます。 ..

  • 60 ビュー
  • コメント
日本と違う!フランスの大学食堂

 フランスには「クルス」という組織が大学生の生活をサポートしていて、宿泊施設や学食の運営を担っています。そのせいか、日本と違い、大学構内に学食はありません。  まるで普通のレストランのような佇まいで街の中に存在している『学食』は、私からすると、大学に迷い込んだようなちょっと不思議な空間です。 ..

  • 81 ビュー
  • コメント
パリでプールに行ってみる!

 春になり暖かくなってくると人気が高まるスイミングプール。パリの公共施設のプールは一年中オープンしていて、市民の需要はかなり高い。 ..

  • 66 ビュー
  • コメント
パリ五輪、鼓動の中心はセーヌ川

 近代オリンピック歴史上初めて、開会式はスタジアムで行われないパリ五輪 !  人と違う個性を尊重するフランスらしい破格な企画に今からドキドキです。  今年オリンピック式典は、セーヌ川沿いで行われる予定なのです。アスリートたちは行進ではなく160艘の船に乗ってパリを横断し、60万人の観客の ..

  • 72 ビュー
  • コメント
パリで和食が恋しくなったら、一押し食材店

 今年、オリンピックや旅行でパリに来仏する方のために、お手ごろ価格で人気の『タンフレール』というアジア食料品店をご紹介いたします。  パリは、在住日本人が多いため日本食材店は市内にいくつかありますが、どの商品も日本での定価の数倍の値段です。 ですから、私は、韓国やタイなどの食材も揃ってい ..

  • 90 ビュー
  • コメント
パリ市革新的プロジェクト−セーヌ編

 パリ市は、2014年から『革新的な都市プロジェクト』と題して、世界中の開発者、投資家、デザイナーにパリに新たな命を吹き込むことを目的としたアイデアを出すように呼び掛けています。  今回は、その一つであるセーヌ川の魅力を強化する新たな用途開発を狙った候補者の企画で、誕生したアートスペースを皆さ ..

  • 137 ビュー
  • コメント
「サンタ・エウラリア」でにぎわう2月のバルセロナ

 「頭でっかち」人形がどんな行事の時でも出現するバルセロナ。話を聞くと、1769年から存在していたというから、驚きです。彼が歩きながら、飴を子供たちに振りまき始めると、みんな彼の後を追うわけです。  そうして、行きつくところは、大きなパフォーマンスが始まる会場だったりしますから、いわゆる目立つ ..

  • 177 ビュー
  • コメント
チーズフォンデュの季節がやってきた!

 フランスでは、お正月休みが終わったばかりだと感じている2月に、2週間のヴァカンスが始まります。とても幸せな国だと感じる時です。これが、フランスでは、「冬休み」と言われていて、多くの人がスキーに出かけます。  今回は、この時にフランス人が必ず食べると言っても過言ではない『チーズフォンデュ』につ ..

  • 243 ビュー
  • コメント
花火にも違いがある! 欧州の花火

 7月14日フランスの革命記念日、パリでは「花火」が上がり、街を華やいだ雰囲気にしてくれます。  エッフェル塔の下に広がるシャン・ド・マルス公園に、午後6時くらいから人が集まりはじめピクニックを、いいえ、どちらかというと花見の雰囲気で、花火が上がる23時まで楽しく過ごします。 ..

  • 311 ビュー
  • コメント
外人からすると、『日本文化』は カッコいい!

 多くの欧州人にとって、憧れ行きたい国は、『日本』だと知っていますか。日本のアニメや漫画が世界の人々を魅了して、日本文化は大人気なんです。ですから、開催される日本のイベントは、そんな憧れの日本に触れられるとあって、外国人の来場者が多い。  6月17−18日、バルセロナ港にて「第9回日本祭り20 ..

  • 367 ビュー
  • コメント

Archives