フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2018.5

次の月へ
S M T W T F S
  1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31   
ビッグな風船で自己アピール!

お祭りなどで売られるキャラクターの風船よりも、販売数は超えているのではないかと思われる「特大の数字の風船」を、最近、街を歩いていて頻繁に目にするようになりました。 バルセロナですごくブームになっていて、誕生日ケーキ同様、誕生日には欠かせないアイテムとなりつつあります。数字一つで6.50〜9 ..

  • 84 ビュー
  • コメント
2月2日、クレープ食べよう!

 フランスには、宗教と関わりを持った記念日が多く、その祝祭日に合わせて食べる習慣となっているモノが必ずと言っていいほど存在します。それが、時には「なぜこの日にこれを食べるの?!」と、関連付けが非常に難しいものもあります。 ..

  • 106 ビュー
  • コメント
ステータスを持ったペット

 動物は、私たちと同じ「気持ち」を持っています。犬や猫はすでに家族の一員であり、多くの場合、特に高齢者の場合は 唯一の貴重な社会を形成しています。 ..

  • 84 ビュー
  • コメント
パリ在住犬は幸せか?

 フランス・パリでは、忙しい生活に安らぎを与えてくれるペットを飼っている人が多く、中でも「犬」は人気です。セーヌ川沿いを、オシャレな恰好をした犬と散歩するパリジェンヌをイメージなさる方もいるかもしれませんね。  でも、観光客も閉口するほど、パリの街路にたくさんの犬の排せつ物があり、それを踏むな ..

  • 127 ビュー
  • コメント
年越しは「レンズ豆」が風習

 1月1日の深夜0時の到来に伝統的なカウントダウンがあり、その時に12粒のブドウを食べるスペインですが、もう一つ大みそかに、私たちが年越しそばを食べるように、スペインの人々に人気の習慣があります。  それは、古代ローマ時代までさかのぼり、イタリアが起源と言われています。人間によって栽培された最 ..

  • 89 ビュー
  • コメント
理解できない!仏人の仕事意識

 日本人の私は、理解できないフランス人の行動を目の当たりにして、「ありえなーい!」と叫びたくなることがあります。  10月にフランスの観光名所ベルサイユ宮殿を訪れた時、宮殿の広い庭園の奥に位置するプチ・トリアノン近くの公衆トイレでのことを例に挙げます。 ..

  • 122 ビュー
  • コメント
2017年度に選ばれた有名人

 クリスマス市場の一番人気は、排便人形「カガネル」の店。12月になると、家庭ではクリスマスの装飾とともに、こっそりカガネルを飾ります。  年末で招待する機会が多くなる時期、来客に家の中に隠れているカガネルを捜してもらう、お茶目で陽気なカタルーニャ人の気質がよく表れている習慣です。 ..

  • 64 ビュー
  • コメント
頼もしい食料銀行! スペイン

 12月1、2両日、全ての食料品店の店先にボランティアの人々が立ち、「小さな人生を生むジェスチャー」キャンペーンを行いました。食料品を買いに来たお客さんは、食料を快く寄付していました。長期保存が可能な瓶や缶詰、レトルトパック、オリーブオイル、飲み物などが主流です。  毎年末になると、フードバン ..

  • 93 ビュー
  • コメント
絶望から救ったパリの消防士

 パリ中心部1区にあるシャトレ広場は、市内で最もにぎやかな交差点の一つです。10月31日火曜日の17時頃、一人の男性がその中央にある大きな噴水の塔の頂上にいました。偶然通りかかった私は、その一部始終を見守りました。 ..

  • 73 ビュー
  • コメント
爆買い! ブラック・フライデー

 「今、要らないモノでも、無い小遣いで買っておこう!」。このような言葉が誰からともなく広がって、飛び交っています。どこかの宣伝文句が、広がったのでしょうか。ショッピングをしなければ損すると思わせる雰囲気に包まれ、11月の感謝祭の翌日の金曜日(今年は11月24日)は、ものすごい大勢の人々でバルセロナの ..

  • 96 ビュー
  • コメント