フランス

フランス:パリ

別紙 敦子(べっし あつこ)

氏名=別紙敦子
職業=観光業
居住都市=パリ(フランス)とバルセロナ(スペイン)年間1:2の割合で、行き来しています。

前の月へ

2018.12

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31      
春・初夏に人気! エスパルトの靴

 スペインで有名なモノの一つに、良質でお手頃な革靴が挙げられますね。 日本でも、スペインの有名な靴メーカーといえば…。ピンとくる方も多いと思います。そんなスペインですが、春先になると靴屋さんの店先に、鮮やかな色合いの布製の靴が目立ってきます。  店員さんいわく、「ここの伝統の靴で、昔も今も手 ..

  • 72 ビュー
  • コメント
穴場! サン・メリー教会in Paris

 15世紀頃のフランボワイヤン様式のサン・マリー教会を紹介します。実はここ、通常のパリガイドには載っていない、現地の人のみ知る「穴場」教会。 一見、外観も内側も厳かな建築物で、カトリックの国を代表できる大きな教会です。  パリで一番有名なノートルダム寺院の平面図と同じで、別名をノートルダム・ ..

  • 113 ビュー
  • コメント
誘引されるボールヌ地区

 日照時間が長くなりサマータイムに入ると、私は、時間を見つけて散歩を楽しむことにしています。今回は、バルセロナの旧市街の一画、ボールヌ地区を訪れた時に気が付いた興味深いネーミングについて紹介いたします。  欧米の街の通り名というのは、たいていゆかりのある人や場所の名前が付いていることが多いので ..

  • 81 ビュー
  • コメント
春らんまん! サン・ジョルディ

 年間を通して祭りの多いスペインですが、4月23日ほど、街が明るくにぎわう日は無いのではないかと思われます。  幸せそうに、しかも、いつもは比較的に静かな午前中から手をつないで歩いている人々の多いこと、それは盛観です。大切な女性にバラの花を、そのお返しに男性に本を贈る、日本でも知名度が上がって ..

  • 119 ビュー
  • コメント
フランスに「お化け」はいる?

 欧州の街を歩いていると、頻繁に外壁やドアなどいろいろな場所で、創作アートを目にすることができます。  最近、気になった壁アートがありました。日本の江戸時代に人気を博した「ろくろ首」のアートがあったのです。そして、ふと疑問に思ったのが、海外でも「ろくろ首」は存在するのか?  そこで、フラ ..

  • 257 ビュー
  • コメント
知って納得! フランス クラス議会で見える国民思想

 フランスは、日本と同様3期に分かれている学校が主流で、3月は2学期から3学期に移る時期です。通知表(成績表)も学期ごとあります。  日本と違う点は、成績は先生の独断で決められない点です。国の立法議会の性質を持つもので、「コンセイユ・ド・クラス」と呼ばれる各クラスで行われる評議会で決まります。 ..

  • 185 ビュー
  • コメント
ビッグな風船で自己アピール!

お祭りなどで売られるキャラクターの風船よりも、販売数は超えているのではないかと思われる「特大の数字の風船」を、最近、街を歩いていて頻繁に目にするようになりました。 バルセロナですごくブームになっていて、誕生日ケーキ同様、誕生日には欠かせないアイテムとなりつつあります。数字一つで6.50〜9 ..

  • 271 ビュー
  • コメント
2月2日、クレープ食べよう!

 フランスには、宗教と関わりを持った記念日が多く、その祝祭日に合わせて食べる習慣となっているモノが必ずと言っていいほど存在します。それが、時には「なぜこの日にこれを食べるの?!」と、関連付けが非常に難しいものもあります。 ..

  • 169 ビュー
  • コメント
ステータスを持ったペット

 動物は、私たちと同じ「気持ち」を持っています。犬や猫はすでに家族の一員であり、多くの場合、特に高齢者の場合は 唯一の貴重な社会を形成しています。 ..

  • 168 ビュー
  • コメント
パリ在住犬は幸せか?

 フランス・パリでは、忙しい生活に安らぎを与えてくれるペットを飼っている人が多く、中でも「犬」は人気です。セーヌ川沿いを、オシャレな恰好をした犬と散歩するパリジェンヌをイメージなさる方もいるかもしれませんね。  でも、観光客も閉口するほど、パリの街路にたくさんの犬の排せつ物があり、それを踏むな ..

  • 217 ビュー
  • コメント