メキシコ

メキシコ:グアダラハラ

龍崎 節子(りゅうざき せつこ)

職業…民芸品輸出、撮影コーディネート、通訳翻訳
居住都市…グアダラハラ(メキシコ・ハリスコ州)

前の月へ

2020.2

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
メキシコ流SNS炎上商法

 グアダラハラ市郊外の渋滞で有名な大通りにて、乱暴な運転のバスを避けようとして一般車両2台による軽い接触事故が起きました。  問題はその後。  女性の運転する被害車両に十分な車間距離を置いていなかったとして、追突した高級車の持ち主の男性が逆上、混乱を避けるため近くの駐車場に入った途端に女 ..

  • 101 ビュー
  • コメント

メキシコの元旦

2020.01.05 up

メキシコの元旦

 大晦日。元日に日付が変わる頃、あちこちで大小様々な花火が上がり、人々が新年を祝います。  カソリック大国のメキシコでは伝統的に、正月元日よりもむしろ、キリスト生誕のクリスマスを祝う方が大切だ、とされていますがそれも時代の流れ。近年では若い世代は「クリスマスは家族でしっとり祝い、元日は友達とパ ..

  • 21 ビュー
  • コメント
販売禁止のクリスマス飾り

 カソリック教徒の多いメキシコでの伝統的なクリスマス飾り「ナシミエント」。  イエスキリスト生誕の光景をミニチュアで再現するこの飾りに昔から使われているのが森林地帯に生える「コケ」と、日本でもエアプランツとして人気の「ウスネオイデス」というモシャモシャとした植物。天然木を組み立ててイエスキリス ..

  • 36 ビュー
  • コメント
クリスマス用品専門市場

 メキシコの私の住む地域では10月12日の宗教行事が終わるとすぐに、クリスマス用品が売り出され始めます。  家々に飾られる伝統的なものから、この数十年でメキシコに入ってきたアメリカ的な電飾などが一斉に売り出され始め、その多くが市内で開かれる特設市場に並びます。 ..

  • 54 ビュー
  • コメント
地元の味 タコデカナスタ

 通勤通学、朝の忙しい時間、丁寧に栄養満点の朝ごはんを用意してくれるお母さんのいない一人暮らしの若者や学生さんたちは何を朝食にするのでしょうか。 先日お伝えした「炭水化物の二乗 トルタデタマル」もいいのですが、もう少しバリエーションに富んだ味が欲しい時。「タコデカナスタ (かごタコス)」もぜひオス ..

  • 52 ビュー
  • コメント
メキシコの大学生協に行ってみた

 メキシコの高等教育の最高峰「メキシコ国立自治大学(UNAMウナム)」に行く機会がありました。今回は建築物や壁画で有名な大学校舎よりもそこにある「生協」をご紹介します。 ..

  • 55 ビュー
  • コメント
炭水化物爆弾 トルタ デ タマル

 メキシコシティに「早朝、これさえ食べれば夕方まで持つ!」というパワーフードがあると聞いて試してみました。  その名もGuajolotaウワホロータ、別名Torta de Tamal トルタデタマル。トルタはサンドイッチ、タマルはトウモロコシの粉をラードなどで練って煮込んだ肉を中に入れたメキシ ..

  • 55 ビュー
  • コメント
木っ端のダイエット茶?

 世界一の肥満大国、メキシコです。  先日、スパイスや乾物を扱うお店で勇気を出して見ました。それまでも何度も見ていたのですがついに買って見ました。  メキシコ伝統「痩せるお茶」。  ぱっと見、木っ端やキレイに洗われた葉っぱがざっくり混ざっている感じで、1kgたったの30ペソ(約200円 ..

  • 163 ビュー
  • コメント
少し文明から離れてみる海旅 2

 真夜中に友人に起こされました。「灯りつけないで出ておいで」  周辺は街頭など一切なく漆黒に包まれた浜辺です。テントの外に出ると友人と近所の子供数人が集まっていて、産卵のために上陸した亀を見ています。メキシコの太平洋岸は広く海亀の産卵地となっていて、浜に上がった亀は安全に産卵できる場所を探していま ..

タグ:

  • 54 ビュー
  • コメント
少し文明から離れてみる海旅 1

 夏になる前に、友人たちと海辺にキャンプに行きました。私の住んでいるグアダラハラから西南に約5時間、車を飛ばします。  メキシコ人は皆、夏には海に行きたがりません。なぜなら、暑すぎて楽しくないから。私も何度か夏に海に行っていますが、水に浸かっているかクーラーの効いている部屋にいるかのどちらかで ..

  • 151 ビュー
  • コメント

Archives