ブラジル

ブラジル:サンパウロ

大浦 智子(おおうら ともこ)

職業…主婦
居住都市…ブラジル国サンパウロ市

前の月へ

2017.4

次の月へ
S M T W T F S
      1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30       
焦ってはいけない!10段階評価のオール5

 「小学校1年生の成績が10段階評価でオール5」。  そんな成績表を目の当たりにした保護者の気持ちは、少々先行きが心配にさせられるのではないでしょうか。  今、サンパウロの公立小学校の成績は年に4回、小学2年生以上は10段階評価で通知されます。  そのことを知らなかった2015年、1年 ..

  • 3 ビュー
  • コメント

春はやっぱり桜

2017.04.14 up

春はやっぱり桜

 日本が秋を迎えようとする9月頃、南半球のブラジルは春を迎えます。  日本ほど四季がはっきりしていないとはいえ、サンパウロの草花は比較的、春夏秋冬に敏感で、春には春の花が咲きます。  8月から9月にかけて、サンパウロでは、イペー、ブーゲンビリア、他にもさまざまな春の花が満開を迎えます。そんな中、 ..

  • 55 ビュー
  • 1 コメント
春のお告げはイペーの開花

 四季が明確ではないと言われるブラジル・サンパウロ。人間の皮膚感覚でははっきりとキャッチできなくても、季節の約束をしっかり守っているのは植物です。  ブラジルの暦の上で春は9月から。サンパウロで本格的な春の訪れを知らせてくれるのはイペー・アマレーロ(黄色いイペー)です。8月半ば頃から、街中で黄 ..

  • 60 ビュー
  • コメント
秋なのに「春」という名の花が咲く

 日本が春分の日を迎える頃、南半球のブラジルでは秋分の日を迎えます。  秋分の日を前後して、それまでのもわっとした暑さは暦通り、いつの間にか過ぎ去ってしまったような空気に包まれています。  今年、本格的な秋に入ろうかという頃、ふと民家の庭先などに目をやると、ブーゲンビリアが満開になってい ..

  • 87 ビュー
  • コメント
道行く人のフクロウ柄カバン

 日本でもふくろうカフェが話題になっていましたが、サンパウロでもこの一年くらいでよく見かけるようになったのが「フクロウ柄」です。特に女性がカバンで持っているのを見かけます。  あまりファッションや流行に興味のない男性たちでさえ、「フクロウ柄」といえば、すぐに街に歩いている人のカバンを思い出すく ..

  • 105 ビュー
  • コメント
売り切れ続出!!道行く人のフクロウ柄カバン

 この一年くらいで、サンパウロの道行く人の間で流行してきたものと言えば「ミニ・フクロウ柄」です。  流行やファッションに無関心な男性でも、言われれば町で「フクロウ柄」を見かけた記憶があると言えるくらい、よく目につきます。  日本でもフクロウ・カフェなどが話題になってフクロウが注目されてい ..

  • 48 ビュー
  • コメント
庶民が親しむ胃に効く薬用果実「ジュルベーバ」

 2月、南半球は初秋。収穫の秋ともいうべくサンパウロの町中では、つぼみなのかフルーツなのかよく分からない、小梅のような大きさの丸い緑の果実を付けている植物を見かけることがあります。  熱心にこの実を摘んでいる女性に出会い、何のフルーツかを尋ねると、「ジュルベーバ」という答えが返って来ました。 ..

  • 83 ビュー
  • コメント
国民的漫画”モニカ”のスタンプで勇気をお届け!

 日本の「サザエさん」のような存在で、ブラジルに暮らす人なら誰でも知っている国民的漫画『モニカとなかまたち(Turma da Mônica)』。  作者のマウリシオ・デ・ソウザさん(81歳)はサンパウロ市近郊のサンタ・イザベル市生まれで、日本人移民とその子孫が今も多く暮らす隣町のモジ・ダス・ク ..

  • 175 ビュー
  • コメント
市が無料で土地、苗、肥料を提供し、販売も可能

 町の余った土地を貸し出し、苗や肥料、水も全て無料で提供し、市内に30か所以上の菜園コミュニティーを形成しているブラジルの町があります。パラナ州のマリンガ市です。  お得な話題は無料のことだけではありません。一つの菜園コミュニティーでは数家族が共同で畑を区分けして利用しますが、全て農薬の使用は ..

  • 119 ビュー
  • コメント
大豆の一大生産地帯で時にはピーナッツ豆腐

 ブラジルは世界有数の大豆生産国の一つです。州によっては車で数時間走り続けても辺り一面青々とした大豆畑が広がるような一帯もあります。そんな州の一つがサンパウロ州の隣州パラナ州です。  その一方、拡大を続ける大豆畑に押されて、パラナ州では作付面積が減少しつつあるとの報告もあるのが落花生(ピーナッ ..

タグ:

  • 100 ビュー
  • コメント

Archives